株式会社 薗部染工

受賞作品のご紹介

吹雪染

吹雪染

吹雪の名のとおり、「エアブラッシング」つまり染料を霧状にして生地に吹きつけてゆく技法です。
幾度かに分けてエアブラッシングされた生地には、豊富なボリュームと立体感が生まれます。
一反の生地を、最初から最後まで同じ調子で仕上げなければならない、確かな技術が要求される染色です。

枠場染

枠場染

一反の生地を手もとで移動できるように組み立てられた枠場で、刷毛を使って色を染めてゆきます。
張られた生地のうえを、熟練した人の手と一体となった刷毛が、正確なリズムを刻んで進んでいきます。
繊細な心配りが色となり形となる、緊張感あふれる染色のスタイルです。